栄養を摂りいれて眼精疲労を回復|サプリメントでヒールザアイ

栄養補助食品

目の疲れを予防する方法

疲れ目

環境の整備など

眼精疲労を予防する方法には、目に良い環境を整えることとサプリメントを用いる方法があります。眼精疲労をおこしやすい乾燥した高温環境では、加湿器やエアコンを使用します。周囲の照明を暗すぎず明るすぎないように保ちます。パソコンなどのモニターでは、コントラスト・明るさ・解像度やフォントの大きさを目に負担にならないように調整します。眼精疲労をおこすLEDディスプレイから出る青色光に対しては、この光線をカットするメガネや画面に貼るフィルター膜が市販されています。ディスプレイ画面では、正しい姿勢で90cm離れて下向きに見るようにします。ときどき立ち上がって首・肩・背中・腕や脚の筋肉を動かしたり遠くを見るようにします。

サプリメントによる対策

眼精疲労の予防に用いられるサプリメントには、サケやエビなどに多く含まれるカロテノイドのアスタキサンチンがあります。アスタキサンチンは日本での研究によって、眼精疲労に有効で副作用がないことが確かめられました。アスタキサンチンは、目の水晶体の厚さを調節してピントを合わせている毛様体筋や網膜での血流を増やし、毛様体筋の緊張の回復を早め紫外線に曝されることによって生まれる酸化物質を吸収して目の疲れを治し視力を向上させます。卵黄・牛乳・チーズやバターに多いビタミンAは、網膜が受ける光刺激を化学反応に変えるときに明確な映像をつくる重要な役割をもっています。またアスタキサンチンと同様に酸化物質から目を保護する作用もあり眼精疲労を軽くします。

音が聞こえる現象

耳

耳鳴りはとても不快な症状です。また、病気など不安にさせる事もあります。改善策を取り入れて症状の緩和に努めましょう。薬や食事、環境の変化、サプリメントも考えてみましょう。耳鳴りがひどい場合には、病院へ行かれる事をお勧めします。

この記事を読む

血圧を下げる方法

老人

自律神経が原因の高血圧は、サプリメントで改善が期待できます。自律神経を整えるために、乳酸菌や納豆菌、フコイダンといったサプリメント、またセロトニンの分泌を促すサプリメントを摂取しましょう。そうして免疫力とストレス耐性を向上させれば、自律神経のバランスが整います。

この記事を読む

体質が影響する皮膚の炎症

女性

アトピーの症状を改善する目的で、医薬品とサプリメントを併用している方が増加しています。サプリメントには副作用の心配が無く、健康に配慮しながらアトピーの諸症状に対応する事が出来るので、理想的な栄養補助食品です。

この記事を読む

Copyright© 2015 栄養を摂りいれて眼精疲労を回復|サプリメントでヒールザアイ All Rights Reserved.